ウィーン金貨の買取の価格の相場...:金貨の買取の価格と販売の相場

ウィーン金貨の買取の価格の相場は?:金貨の価格と言っても買取の相場と販売の数によって金貨の価格も変わる。10万円金貨、星の金貨、続星の金貨、パンダ金貨、東京国立博物館の金貨 ウィーン金貨、メイプルリーフ金貨、財務省の金貨、クルーガーランド金貨 記念金貨、近代金貨、メープルリーフ金貨、カナダやオーストラリアの金貨の画像をみて購入。

スポンサードリンク
トップページ > ウィーン金貨 買取の価格 >> ウィーン金貨の買取の価格の相場は?

ウィーン金貨の買取の価格の相場は?

ウィーン金貨は、オーストリアの造幣局が発行している地金型の金貨です。
ウィーン金貨は1989年より毎年発行されている。
デザインはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにして、表面にはパイプオルガン、裏面にはビオラなどの管弦楽器が浮き彫りにされているデザインです。
ウィーン金貨は純度99.99パーセント以上の純金製です。
ウィーン金貨には 1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスの4種があります。
また、2004年10月7日には、15枚の限定品として、1000トロイオンスのウィーン金貨が発売された。
これは直径37cm、厚さ2cm、重さ31.103kg、
このウィーン金貨の額面は10万ユーロ、販売価格約6千万円(発売当時の為替レート・金価格にて算出の時価)です
この時点で世界最大の金貨なのです。

基本的な事ですが金は毎日相場が動いていて、世界市場で公正な価格が発表される事で、自由に売買することができます。
ウィーン金貨は地金型の金貨ですので金としての価値もあり売買が出来ます。
ウィーン金貨のような地金型の金貨は地金のメリットがあるためより多くの人が気軽に売買できるのです。
そのメリットの地金型金貨としてウィーン金貨は誕生したといってもいいでしょう。

ウィーン金貨のような地金型の金貨はいつでもどこでも簡単に換金できる信頼性と利便性があります。
さらに毎日変動する金価格にスライドして、僅かなプレミアムが付いてくることもウィーン金貨のような地金型の金貨の魅力のひとつです。
いずれの場合もウィーン金貨のような地金型の金貨は純金の時価で売ることができます。
ですから銅など卑金属を含んだ金貨よりウィーン金貨のような地金型の金貨は有利です。
ウィーン金貨のような地金型の金貨の買取をしてもらうのに地金やプラチナ、銀などを高価買取のショップも増えてきた。
ただ、そういう所へ持ち込むと素人では安くされてしまうので、このサイトに紹介されているショップなどで事前に相場を確認してからのほうがいいと思う

関連カテゴリー: ウィーン金貨 買取の価格

ウィーン金貨 買取の価格関連エントリー

ウィーン金貨の買取の価格の相場は? /

キーワードサーチ

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

Powered by
Movable Type 3.35
Template Design
TemplateBank by モノクリエイト